製品情報

各企業は、今なおVAX、Alpha、HP 3000およびSunSPARCのレガシーシステム上でミッションクリティカルなアプリケーションを稼働して利用しています。こうしたレガシーシステムは、時間の経過とともに老朽化によるメンテナンス費用が増加し、信頼性も低下します。さらには最新の災害復旧パラダイムに適合せず、停電時にデータ損失のリスクが生じるため、ビジネスにリスクをもたらします。しかし、完全移行は費用がかかりすぎ、こうしたアプリケーションへの対応としては危険を伴う方法です。

こうした課題については、Stromasysにぜひご相談ください。Stromasysのクロスプラットフォームサーバー仮想化ソリューションなら、老朽化したハードウェアを仮想環境にスワップアウトしてソフトウェアスタックを移動するだけで、数日のうちにパフォーマンスの向上、経費削減、リスク低減を同時に実現します。

Stromasysのソリューションには、コストのかかる移行プロセス、ソフトウェアのリエンジニアリングやコンバージョン、システム管理者やユーザーのトレーニング、手間のかかる日常業務の変更は必要ありません。

Tru64、VMS、MPE、Solarisといったオペレーティングシステムへの修正もありません。アプリケーションへの修正もなく、WindowsまたはLinux上でこれまで同様に実行できます。ビジネスプロセスも変わりません。

pic-solutions-graphique

 

VAX、Alpha、HP3000およびSPARCシステムの仮想化ソリューションについての詳細情報をご説明します。

Stromasysのクロスプラットフォーム仮想化ソリューションを使用すると、企業は高価なエンタープライズソフトウェアアプリケーションへの過去の投資を保護、拡大しながら、ハードウェアのメンテナンス費用を削減し、不測のダウンタイムのリスクを低下させることができます。

れ以外に次のようなメリットがあります。

コスト削減

Stromasysのソリューションは、完全移行と比較して費用がかからないだけでなく、レガシーハードウェアのサポート費用1年分よりも少ないことも多いです。Stromasysは、お客様の予算が厳しく制限されていることを理解しておりますので、お客様のコスト効率を優先し、お客様がさらに有効にお金を活用できるように考えています。

パフォーマンスの向上

Stromasysのソリューションは、最新のアーキテクチャー上で実行され、お客様の旧アプリケーションを21世紀のものに変えます。Charonで実行すると、あっという間にタスクが完了するので、お客様は、それまで使用していたハードウェア上で実行したときと比べて、速度が劇的に速くなっていることに驚かれます。

リスク低減

ミッションクリティカルなシステムではダウンタイムは許されないことを、Stromasysはよく理解しています。Charonソリューションは、老朽化したハードウェアを環境から取り除くことで、不測のダウンタイムのリスクを排除します。

省エネ

レガシーハードウェアを取り除いて、業界標準のサーバーで実行できるCharonソリューションと置換することで、お客様の環境フットプリントを削減します。電力消費が大幅に減少することで、環境フットプリントへの貴社の影響が削減されます。これは光熱費の削減はもちろんのことです。

投資保護

重要なアプリケーションのライフサイクルを延長します。レガシーハードウェアは、耐用年数を経ているかもしれませんが、そのハードウェアで実行しているアプリケーションはまだ使用できます。Stromasysのソリューションを導入することで、そうしたアプリケーションを最新のプラットフォームで修正せずに今後も使用でき、ビジネスの持続性が確保できます。