取締役

George Koukis

会長 George Koukis

George Koukisは、1973年、カンタス航空に入社し、経営情報システム(MISおよび経理)の電子化に深く関わりました。その後、オーストラリアのManagement Science America(MSA)では6年間にわたり代表取締役を含むさまざまな管理職を歴任しました。1986年には、VAXに特化したソフトウェア企業ROSS SYSTEMSを、香港を拠点としてアジア地域に展開しました。

1993年、Temenos Group AGを設立して、経営者となり、2001年にはチューリッヒ証券取引所で上場しています。2011年7月に引退しましたが、現在もTemenosの非業務執行取締役を務めています。

副会長 Julian Stourton

Julian Stourtonは、2010年よりKoukis Holdings SAのCEOを務めています。2001年9月から2009年3月にわたり、世界最大のバンキングソフトウェア企業であるTemenos SAにおいて、COO(最高執行責任者)、アフリカおよび北欧地域のゼネラルマネージャーなど、さまざまな要職を歴任しています。また1989年~2001年にかけて、当時のAS400 ERPシステム最大手企業であるSystem Software Associates Inc.のヨーロッパ支社でCOOを務めました。現在は、Koukis HoldingsのCEOとして、役職に関連する複数の取締役を担当しています。1978年に英国アンプルフォース・カレッジを卒業しています。

Stourtonは、セールスやマネジメント分野で25年にわたる実績を誇り、主にコンピュータおよびソフトウェア業界の企業経営において確かな業績を収めているゼネラルマネージャーです。Stourtonの豊富な経験と専門知識が、Koukis Holdingsグループ内の多数の企業の成長につながっています。Stourtonは英国生まれで、現在は美しいアルプスを臨むスイス在住です。

役員 Chris Li

Chris Liは、金融、M&A、経営の分野において20年以上の経験を有しています。英国のPricewaterhouseCoopersでの公認会計士としての経験により、財務および企業ガバナンスの分野における確固たる基礎を築きました。その後、世界各国のフォーチュン・グローバル500社またはこれらに相当する企業において、上級管理職を務めました。Hutchison Whampoa港湾部門では、エジプトのCEO、韓国のCFO、米国/中東/アフリカの事業開発部長、シンガポール港湾庁では、東莞(中国)のCFO、中国平安保険におけるインフラ投資部門部長など、Liが歴任した役職は多岐にわたります。英国のインペリアル・カレッジ・ロンドンの電気/電子工学学科を卒業しています。

役員 Chris Pavlou

Chris Pavlouは、1966年ロンドンのBarclays銀行に入行、ロンドン、米国、ベルギーおよびアジアで勤務し、財務・資本市場担当の副本部長を務めました。1986年には、財務・資本市場部門の本部長として香港のHSBCに入行。財務担当専門家としての輝かしい業績を残し、1998年の退職後は、祖国であるキプロス共和国に戻りました。

2001年~2004年、Laiki Bank Cyprusのエグゼクティブ ディレクター、2001年~2014年、Temenosの非業務執行取締役および監査委員、2006年~2011年、TFI MarketsのCEOおよび非業務執行会長、2007年~2014年:Prosafeの非業務執行取締役および監査委員、2010年~2012年、National Bank Of Greece(キプロス)の非業務執行取締役および監査委員など、さまざまな役職を歴任しています。現在は、アテネのInvestment Bank of Greeceの非業務執行会長およびAsbis Co.の非業務執行取締役および監査委員を兼任しています。Worshipful Company of International Bankers(国際銀行員名誉組合)の同業組合員およびロンドン市の名誉市民の称号を保持しています。