Charon®レガシーサーバー仮想化ソリューションで、教育分野の組織を支援?

2000年に初めてCharonソリューションを販売して以来、Stromasysは、学校、学区、協同組合、高等教育機関などの教育組織が、レガシーインフラストラクチャーエミュレーションによって、クリティカルなアプリケーションを保護および維持できるよう支援しています。

ハードウェア故障のコスト

ハードウェアに故障および障害が発生すると、アプリケーションがリスクにさらされ、システムに保管されている学生および従業員に関するクリティカルなデータにアクセスできなくなる可能性があります。Gartner社の推定によると、平均的な大規模企業ではシステムの年間のダウンタイムは87時間で、教育分野ではダウンタイムによって、システムの修理中、大きな問題に直面する可能性があります。不測のダウンタイムが発生した場合、チームがアクセスできなくなる重要データは何でしょうか?

Charonソリューションを使用してレガシーハードウェアを置換

New Bedford Public Schools向けの最初のCharon-VAX発売以来、教育機関は、Charonソリューションを使用してレガシーハードウェアを最新のx86プラットフォーム、またはごく最近ではクラウド環境に置換しています。

Charonによって、教育機関は修正、再認証、従業員の再トレーニングのいずれも行わずに、信頼性の高いアプリケーションを実行し続けています。Charonの実装は、通常、完全移行と比較して費用が少なく、オリジナルのハードウェアのメンテナンス費用1年分よりも低く抑えることができます。

教育機関でのCharon®レガシーサーバーエミュレーションソリューションの実装

Charonは、不測のダウンタイムから学校を守ります。実装は通常、5営業日以内に完了し、移行は営業時間外に計画されているため、職員の業務や事業運営の中断は限定的です。大規模な移行プロセスには長いダウンタイムが伴いがちですが、そのようなダウンタイムによる影響もなく、組織は重要な作業に引き続き注力することができます。

PDP-11VAXAlphaHP 3000Sun SPARCといったレガシーシステムでアプリケーションを実行しているのであれば、ハードウェアのエミュレーションをStromasysにお任せください。ハードウェアエミュレーションのメリットを体験してきた世界中の学校および教育機関向けソリューションプロバイダーのように、StromasysCharonでリスクの低減、コストの削減、パフォーマンスの向上、アプリケーションの維持を図ることができます。

Charonを実装してスペースを97%節約し、年間のメンテナンス費用を90%削減した高等教育機関の事例をご覧ください。