エネルギー企業がレガシーサーバーの仮想化にCharon®を選択する理由

エネルギー企業が必要に応じて利用できるミッションクリティカルなアプリケーションは、多くの場合、老朽化したハードウェアで実行されており、そのようなアプリケーションはリスクにさらされます。ハードウェアに故障や障害が発生すると、会社の信用に影響を及ぼす恐れがあり、コストもかかります。

Gartner社の推定によると、平均的な大規模企業ではシステムの年間のダウンタイムは87時間で、ダウンタイムによる損失額は1時間当たり42,000ドルにも及ぶとのことです。お客様のエネルギー企業では、生産の損失額はどの程度になるでしょうか?

企業によるレガシーハードウェアのエミュレーションを支援

Stromasys20年間にわたって、エネルギー企業が最新のx86またはクラウドのプラットフォームでレガシーハードウェアをエミュレートできるよう支援してきました。エネルギー企業は、修正、再認証、従業員の再トレーニングのいずれも行わずに、信頼性の高いアプリケーションを実行し続けています。通常、完全移行プロジェクトと比較して費用が少なく、オリジナルのハードウェアのメンテナンス費用1年分よりも低く抑えることができます。

エネルギー業界でのCharon®レガシーサーバーエミュレーションソリューションの実装

エネルギー企業は、Charonレガシーハードウェアエミュレーションソリューションを使用すれば、ハードウェアの障害による不測のダウンタイムの発生を防ぐことが可能です。実装は通常、5営業日以内に完了し、移行は業務に都合のよい時間に計画されているため、従業員の業務と事業運営の中断は最小限に抑えることができます。

PDP-11VAXAlphaHP 3000Sun SPARCといったレガシーシステムでアプリケーションを実行しているのであれば、ハードウェアのエミュレーションをStromasysにお任せください。Charonを使用してハードウェアのエミュレーションを行ってきた世界中のエネルギー供給会社のように、リスクの低減、コストの削減、パフォーマンスの向上、アプリケーションの維持を図ることができます。

Charonを使用してスペースと電力使用量を減らし、作業速度を上げた企業の事例をご覧ください。

Download the case study: