州政府および地方自治体がレガシーサーバーの仮想化にCharon®を選択する理由?

基盤となるハードウェアが老朽化すると、公務員の仕事をサポートするミッションクリティカルなアプリケーションは、リスクにさらされます。ハードウェアに故障や障害が発生すると、住民へのサービス提供に影響が出る可能性があります。

また、コストもかかります。Gartner社の推定によると、平均的な大規模企業ではシステムの年間のダウンタイムは87時間で、州政府および地方自治体でダウンタイムが発生すると、職員はミッションクリティカルなリソースにアクセスできず、大きな問題に直面する可能性があります。

レガシーハードウェアを最新のアプリケーションに置き換え

Stromasys20年間にわたって、役所がレガシーハードウェアを最新のx86またはクラウドのプラットフォームに置き換えることができるように支援してきました。役所は、修正、再認証、従業員の再トレーニングのいずれも行わずに、信頼性の高いアプリケーションを実行し続けています。通常、完全移行プロジェクトと比較して費用が少なく、オリジナルのハードウェアのメンテナンス費用1年分よりも低く抑えることができます。

州政府および地方自治体でのCharon®レガシーサーバーエミュレーションソリューションの実装

役所はCharonレガシーハードウェアエミュレーションソリューションを使用すれば、ハードウェアの障害による不測のダウンタイムの発生を防ぐことが可能です。実装は通常、5営業日以内に完了し、移行は営業時間外に計画されているため、従業員の業務と事業運営の中断を最小限に抑えることができます。

PDP-11VAXAlphaHP 3000Sun SPARCといったレガシーシステムでアプリケーションを実行しているのであれば、ハードウェアのエミュレーションをStromasysにお任せください。ハードウェアのエミュレーションを行ってきた世界中の役所のように、Charonでリスクの低減、コストの削減、パフォーマンスの向上、アプリケーションの維持を図ることができます。

Charonを使用してレガシーハードウェアの問題を解決してパフォーマンスを向上させた地方自治体の事例をご覧ください。

Download the case study: