本ページでは、パートナーになることをご検討の企業様に当社のソリューションパートナープログラムについて紹介しています。詳しくは、ガイドをダウンロードしてください。

顧客企業で老朽化するハードウェア

お客様は今なおレガシーシステムを使っています。つまり、VAX、Alpha、SPARC、HP3000等の旧式ハードウェアプラットフォーム上で(多くの場合、数十年以上前に開発された)企業の基幹業務アプリケーションを稼働しています。長い年月を経て、これらのハードウェアプラットフォームは寿命を迎えています。導入当時の信頼性は失われ、その維持には多大なコストが発生します。

データセンターの近代化

そのようなお客様に対し、21世紀型のIntelデバイスから最新のハイパーコンバージドソリューション、より優れた仮想環境、またはクラウドやハイブリッドクラウド環境への移行をサポートしていますか?これらレガシーシステムの移行を促進するキャンペーンを、Stromasysと共に展開しましょう。お客様は、総合的なデータセンターの近代化を実現することが可能となります。Stromasysのパートナー様は、それぞれのお客様のITインフラ全体の近代化と合理化に向けて、確実な一歩を踏み出すことができます。

Stromasysのソリューション

簡単に言えば、当社のソリューションにより、お客様は自社のレガシーソフトウェアを保持しながら(変更なし)、新たなx86システム上で老朽化した既存ハードウェアの仮想化を実現できます。Stromasysのソフトウェアによりレガシーハードウェアがエミュレートされることで、既存のレガシーアプリケーションは従来のVAX、Alpha、SPARC、HP3000等のハードウェア上で稼働していると認識します(多くの場合、より高速レートで稼働し、ストレージと事業継続性オプションが広がり、またクラウド上へのレガシーアプリケーション移行も可能)。当社の「Charon」と呼ばれるクロスプラットフォーム仮想化ソフトウェアは、エミュレートするレガシーハードウェアに応じて各種用意されています。これは、以下の図でまとめています。