Charon-PAR

仮想PA-RISC

Charon-PARは、100%無修正のMPE/iX 7.5のコピーを実行する仮想PA-RISCシステム環境を作成するソフトウェアソリューションです。Charon-PARは、サポートされている3つのLinuxディストリビューション(Fedora 20(以下)、Red Hat 7.0(以下)およびUbuntu 12.10(以下))のいずれかを実行する業界標準のIntel x64サーバー、またはサポートされている3つのLinuxディストリビューションのいずれかをゲストオペレーティングシステムとするVMware上で実現されます。

Charon-PARソリューションを採用すると、PA-RISCを最先端の環境に安全に移行できます。Stromasysソリューションを使用すると、サードパーティ製のアプリケーションおよびユーザー開発ソフトウェアを、一切の修正なしで実行できるようになります。

HPは、MPEを実行する有効なソフトウェアとしてCharon-PARソフトウェアを認めており、Charon-PARはオリジナルのMPEハードウェアの認定試験に合格しています。

 

Charon-PARの構成

Charon-PAR製品ファミリーは、PA-RISCシステムと完全に互換な一連の仮想システムで、業界標準のIntel x64(Core i7およびXeon)サーバーで実行します。仮想化技術は、PA-RISC0システムが構築された当時からの技術的なメリットを活用して、PA-RISC命令をオンザフライで最適化されたIntel CPU命令シーケンスに変換します。Charon-PARサーバーは、100%無修正のMPE/iX 7.5のコピーを実行し、ご使用のアプリケーションとサードパーティ製ソフトウェアを高性能、高信頼の最新ハードウェアに復元でき、「両者の長所を活かす」ソリューションを提供します。Charon-PARファミリーの性能は、ローエンドではA400およびA500シリーズと同等で、ハイエンドでは、ミドルレンジのマルチプロセッサーN4000シリーズと同等です。

ライセンス・トランスファー・オプション

HP MPE/iXライセンス・トランスファーにより、お使いのMPE/iXオペレーティングシステムは移行ライセンスでHPからのサポートが継続されます。これらのライセンスにより、既存のHPソフトウェアの保証契約を継続する場合には、MPE/iXオペレーティングシステムのライセンスを、サーバーを実行するCharon-PAR環境に移行できます。HP Serviceがサポートするのは、HPシステムで実行するCharon製品上のMPE/iXソフトウェアのみです。